水害リスクが重要事項説明に追加された!

想定外の災害続きの日本

不動産の購入時において、購入検討物件の将来的な水害によるリスクの有無が契約締結の意思決定を行う上で重要な要素となっていることから、国土交通省は宅地建物取引業者に対し、不動産取引時に水害ハザードマップを使って対象物件のリスクを説明することを令和2年8月28日から義務化しました。

重要事項説明の対象項目に「水防法の規定に基づき作成された水害ハザードマップにおける対象物件の所在地」を追加し、売買、賃貸を含め説明しなければならない。

国土交通省HP→「宅地建物取引業法施行規則の改正について」

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_fr3_000074.html

不動産営業まるい君
またまた仕事が増えました。重説に水害リスクの説明が・・・。

事務員しのぶちゃん
それは良い。説明してあげて、高い買い物やからな。

不動産営業まるい君
年々、我々に課せられる重要事項説明の内容が増え続けています・・・。

もしも万が一の想定は必要

近年の地球温暖化が大きく関係して、梅雨や夏場の大雨が増えています。都市部になればなるほど道路などの地表はコンクリートやアスファルトで舗装されているため、想定以上の水量の大雨が降ると、敷設されている下水管や雨水管では処理できなくなり、マンホールから噴水のように水が噴き出していたり、道路が川のようになり濁流になっている光景をニュースで見かけることも多くなりました。


自分たちで事前に予見できるリスクは掌握し、避けたほうが賢明です。ポイントとしては津波、洪水、などの水害に巻き込まれない土地の高さなのか? また、土砂災害などの原因となる崖地や山などの発生源から離れていることなどできるだけ安全と考えられる場所の選択が大事です。その選択のツールとして各自治体などで作成されている「ハザードマップ」の確認は家探しの必須項目と考えたほうが良いでしょう。

 

不動産営業まるい君
マイホームを購入する際に、水害をはじめとする土砂災害や活断層の有無などのリスクを気にする方が増えていますね。

 

事務員しのぶちゃん
そらそうやで!大雨でせっかく買った家がどうにかなったら大ショックやん!

 

不動産営業まるい君
ハザードマップは各自治体で作成されており、役所のホームページからのダウンロードで入手できます。

 

国土交通省ポータルサイト→ https://disaportal.gsi.go.jp/

 

良心的な不動産会社ではこれまでもハザードマップや活断層地図を用いた説明がされていましたが、そうでない不動産会社もありましたので、今後は購入する側の安心できるポイントが増えたと言えます。

 

また、防災訓練や災害対策グッズの用意など、災害が起こってからの備えも重要ですが、家族と自分の財産を守るためにも購入前には最低限ハザードマップはチェックしましょう。