建物の「坪単価」とは?

今回は土地の次によく聞かれる建物の「坪単価」です。家選びの一つの基準として建築の坪単価の比較はできても、坪単価だけを比較して家探しをするのはあまりお勧めできません。

事務員しのぶちゃん
価格の事は誰でも気になるわな。
不動産営業まるい君
建物の坪単価が安かったとしても、付帯設備費や設計料など必ず必要になる本体とは別のものが高い設定の建築会社もありますし、その会社によって建物の「坪単価」に何が含まれるかという事が違うので、単純に高い・安い、の比較はできないもんなんですよね。

 

また多くのハウスメーカーでは、「坪単価」とは建物本体価格の坪単価を表しています。建物本体価格とは建物だけに掛かる価格のことで、ガレージ土間や庭木など屋外にかかる外構工事費や、電気・ガス・上下水道の引き込み費用等も含んでいません。実際出来上がりの金額は平均して建物坪単価プラス20%~30%増しで考えるのが一般的です。

 

一方、建売分譲や建築上建付きの宅地分譲などは、「住めるようになっていくらなの?」という「土地・建物・外構工事費・消費税込み」という基準が多いので、一般のお客様にはわかりやすく、あまり「坪単価」で考える必要もないかと思います。

このように、単純な坪単価の比較はできても、算定基準の異なる会社の坪単価の比較はわかりにくいですし、それが最終的にかかる費用とも言えません。実際の価格を知るためには、具体的な建築予定地の敷地調査や自分たちの希望を元に、個別に見積りを取るのが確実になります。

 

不動産営業まるい君
家を選ぶうえで何が一番大事か? は自分たちがそこの土地に家を建てて暮らすには、いくら掛かるのか? という事です。途中の「坪単価」などはあまり気にせずに、柔軟性を持った上でのお家探しをお勧めします。