南向きだけが良い物件ではない理由

どっち向きが良いの?

初めてのお家さがしをするとき、見始めの時などは、誰しも日当たりの良い明るい家を想像するかと思います。

そこで選択肢のひとつにお家の方位、いわゆる「向き」があります。南向きや北向き、西向き東向きなどそれぞれにメリットもあればデメリットがあります。

 

不動産営業まるい君
しのぶさんならお家を買う時、昼間でも照明が必要な薄暗いリビングのお家か、ガンガンに陽の当たる明るいリビングのお家ならどっちが良いですか?

 

事務員しのぶちゃん
そりゃ私がお家買うときも明るい方がいいに決まってるやん!

 

南向きの物件は北向きにくらべると日当たりや通風で北向や他の方位に面する物件に勝っている場合が多いのも事実です。

南面が道路ということは、将来的に採光を遮る形で建物が建ったりし、日陰になる可能性が低いということから、南面に道路がある土地に家を建てる場合は日当たりが良い、というのが一般的な考え方です。

 

不動産営業まるい君
そうですね。でも北向きが暗いとも限りませんよ!

それでは、それ以外の向きや条件の物件はダメなのかと言えば、そうとも言えません。

 

 

 

南向きが一番?

南面道路の土地は、日当たりが良い場合が多いので、広さに余裕のある敷地の場合などには、当然の事ながら南に面する場所に庭を配置することが南向き物件のメリットとして当然考えられる事です。


 

事務員しのぶちゃん
憧れの庭付き1戸建てで明るそうやん!南向きの庭!

 

 

自分のお家の日当たりの良い南側に庭があれば、庭でバーベキューをしたり、子供のプール遊びなどをすることができますが、デメリットとしては当然南側の通りからの視線が気になります。また、リビングやダイニングといった長い時間家族が過ごすスペースは、南面に配置することが基本です。

 

しかし道路に面する南面には当然車や人の通りもあり、目線を防ぐために、常にカーテンを閉めていたりになると、せっかく日当たりを求めて南面道路の家を建てたのに本末転倒になることもあります。

 

不動産営業まるい君
建ててから気づく、よくある話ですが実は道路面から丸見えなんです・・・。

 

 

事務員しのぶちゃん
そう言われたら、南面に道路があるから南向きなんや。道路は人や車も通るしな。

 

 

不動産営業まるい君
では北向きの家の裏庭は必然的に南向きの庭になりますよね。それって良くないですか❓

 

 

敷地の形や特性を活かせば良い物件に大変身の可能性もある!

南面道路の土地は、その北側に面する土地に考慮し、後退距離や高さに制限が設けられている土地もあります。逆に北側道路の土地は、南面にリビングを配置する間取りにすれば、通りからの視線も気にする事もなく明るい間取りが取れる場合もあります。

 

要は、家を建てる場合、設計士による提案と間取りの取り方で、向きによる土地のデメリットはある程度解消できると思います。どの方もお家さがしには、間取りや向きを含めた希望条件があります。同じように、希望の予算や適性価格もあります。希望の予算で希望の間取りを希望の場所で実現するには、ある意味考え方ひとつなのかもしれませんね。

 

不動産営業まるい君
価格の貼る南向きの物件より、少し目線を拡げて敷地の形や隣接地の状況をよく観察すれば、価格の安い北向きの物件でも、意外に良い物件に巡り合うかもわかりませんよ♫